隠された過去

ある大企業の幹部3人が連続で死亡する事件が発生する。事件の担当検事となったウジンのもとには、捜査発令を受けたイハンがやってくる。2人は転落死した遺体の解剖立ち会いに向かうが、解剖を担当するのはジフンとダギョンだった。ウジンから3件の連続変死事件について聞いたジフンは、それらが亡き父と同じ会社の人間と知り、動揺する。20年前の事故で父の解剖を担当したビョンドに父の死について問い、20年前の事件を調べ始める。
一方、ダギョンとイハンは同じ会社の女性社員を訪ね、彼女から20年前にも似た事件があったことを聞く。だが、その女性社員も急死。彼女が亡くなる前に会っていたチョン社長と事件との関連を怪しむ。

最後の手紙

ビョンドの自殺の衝撃に打ちひしがれていたジフンは、死の前にミョンハンがビョンドを訪ねていたことを知り、事実を問いつめる。秘密を語らぬミョンハンに、ジフンは20年前の事件もビョンドの自殺の謎も解き明かすと言い放つ。現場に戻ったジフンは20年前の事件と似た連続変死事件の新たな犠牲者である女性社員の解剖を執刀。検視の結果、神経毒による中毒死と推察する。
一方、4人の被害者が所属していた山岳会のメンバー、チュロンに接触したウジンは、彼らがチョン社長を脅していた事実を知る。そんな中、ジフンは殺害に使われた毒物を突き止めるため、20年前の被害者の遺体を解剖する。そして、ビョンドの隠された秘密に辿り着く。


ポニーキャニオン