初めての過ち

検察市民委員会で証人として現れたジフンはダギョンの証言を覆し、死因を自然死と証言、チョン社長は不起訴となる。ビョンドの秘密を守るため本意を曲げたジフンに、ミョンハンは科捜研の権威を守ってくれた礼を言うが、ジフンは連続変死事件の解明自体は諦めていないと話す。そんなジフンを信じ、ついていくダギョン。ジフンは5人目の犠牲者の様子がおかしいことに注目し、違う毒物を使ったと推察する。だが、毒物を特定した矢先、亡くなった女性社員の婚約者チョロンがチョン社長を道連れにして死亡。ジフンは犠牲者を出した罪悪感に囚われてしまう。
そんな中、マスコミがソ事件の真犯人を巡って騒ぎ出し、刑務所で服役中の身代わりの犯人スジョンは…。

終わっていない事件

ある村で老人の遺体を発見したジフンとダギョン。だが、遺体は自然死で、貧しい村の人々が生命保険を目的に死亡届を偽っていたことがわかる。ジフンは彼らの様子から近くの工場による汚染の中毒症を察し、彼らは保障金により生活が守られることに。ダギョンは改めてジフンに科捜研に戻ってほしいと言うが、法医官を辞める決意が固いジフンは最後にソ事件だけは解決させたいと話す。
だがその頃、刑務所にいたスジョンが事故死。ウジンからスジョンの剖検を依頼されたジフンは感電死と判断する。さらに、イハンはスジョンが残した手帳を入手。ソ事件はソヨンらによる共謀と判明する。ジフンたちはスジョンの無罪を明かすため、証拠探しに乗り出すが…。


ポニーキャニオン